アクネ菌とは

アクネ菌とは、正式にはアクネ桿菌いいます。ブドウ球菌と同じくらい多く皮膚に存在する菌のことです。

アクネ菌は皮脂を栄養にして増殖し、いわゆるこれがニキビの原因となってしまうのです。しかし勘違いしてはいけないのはニキビが出来やすい人にだけ存在するわけではないという事です。アクネ菌は誰しもがもっている菌なのです。

アクネ菌というのは決して悪い菌ではないのです。とても皮膚にとって役立つ事をしているのです。それは皮膚の酸性度を調整して弱酸性に保つという大切な働きをしてくれて、他の病原菌の進入や繁殖を抑えてくれ、ニキビの原因とはなりますが、皮膚にとってはある程度必要な存在だと言えるでしょう。アクネ菌にとって一番快適な環境は毛穴なので、毛穴が角質でふさがると、毛穴内部は酸素がなくなりアクネ菌がそこに住み着いてしまいます。

やはり過剰なアクネ菌はニキビの原因となりますのでそれを抑えるには日ごろ行っている洗顔方法がとても大切で、アクネ菌を取り除こうと強く洗いすぎると皮膚をいためてしまう原因にもなってしまいますので、洗顔をする際は洗顔料などを使ってとにかく優しく洗い、泡で洗うことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>