メラニンとは

人間の肌の色は個人差がありますが、そんなお肌の色を決める要素の1つにメラニン色素があります。

一般的にメラニン色素というと、シミを作り出すものとして思われがちですが、実際は体を紫外線から守る大切な役割を果たしています。メラニン色素がなければ、皮膚の奥まで直接紫外線が入り込み、紫外線を軽く浴びただけで、炎症などを引き起こします。また酷くなると、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌になってしまうのです。

皮膚に紫外線はいると、基底層中のメラノサイトが活性化されメラニンができ、それが表皮細胞にはいって量が多いと皮膚の色が黒く見えます。その後、肌のターンオーバーにより、皮膚上部へ押し上げられ垢と共に排出されるという人間の体の仕組みになっています。

確かにシミを増やしてしまうのもありますが、メラニン色素は体を守る大切な物質ですのでこのメラニン色素と上手に付き合うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加