乾燥肌とは

乾燥肌とは、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。皮膚の水分は汗などで減少し、体の内側または大気の水分により肌に供給され、皮膚の保湿は皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質によってお肌の水分が保たれています。

乾燥肌のその名のとおり表面のうるおいが全くなく、柔軟性がなくなり肌がもろろくなっています。決して好ましい状態ではありません。原因として年齢、体質、環境などの理由が関係しています。

乾燥肌は白く粉をふいたように見えますが、これは鱗屑といい、角質層の結合性が著しく弱くなり浮き上がってきた角質細胞が皮膚表面に付着したものなのです。肌のターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、角質層が厚くなり角質細胞間脂質の発生が間に合わず、このように白く見えることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加