オイリー肌とは

オイリー肌は、肌トラブルが深刻化しやすいタイプです。オイリー肌は乾燥肌の対局ではありません。オイリー肌は、何かしら原因がありそれで皮脂の分泌が過剰になっている状態です。例外でオイリー肌でも乾燥している場合があり、そういった場合を特に脂性乾燥肌といいます。

オイリー肌のメカニズムは、男性ホルモンの一種がトステロンやアンドロゲンが皮脂腺を増やしたり、皮脂を合成したりと、皮脂腺の分泌活性を高める役割を担っていますが、生活習慣の乱れやストレスなどにより分泌が過剰になると、オイリー肌になってしまいます。

これらのホルモンが分泌される一番の時期は思春期と、30代後半~40代にかけてであり、この時期はオイリー肌になりやすい時期です。特に脂性肌の強い女性では、アンドロゲンの影響で40歳くらいまでオイリー肌が続きやすいのです。

また、遺伝的な要素や、加齢によって毛穴が開き皮脂が出やくなっている場合もオイリー肌になりやすいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加