医薬部外品とは

日本の薬事法に決められた、医薬品と化粧品の中間の分類で、人体に対する作用の緩やかなものかつ機械器具でないものです。

予防効果を表示したり、本来の医薬品よりは効果が弱いが人体に少しの改善効果をもたらすものが含まれます。また人間の体に直接用いられるものだけでなく、たとえばスプレー式のように噴霧したり、適当な場所に設置したりして使用するものもあります。

いわゆる一般的に薬用化粧品は、薬用効果をもつとされる化粧品類の製品で、日本の薬事法においては化粧品ではなく医薬部外品にこれはあたります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加