ニキビ跡と睡眠の関係

ニキビというと、青春のシンボルというイメージが強くて
思春期特有のものと思われるかもしれませんが、
実はニキビは思春期だけのものではありません。

最近は、ライフスタイルも多様化していて大人ニキビに悩む方が増えています。
そして、ニキビ以上に思春期のときに出来てしまったニキビ跡や
大人ニキビのニキビ跡に悩まされる人が多いのです。

ニキビ跡は、一般的にはニキビを潰すと発生すると言われています。
しかし、睡眠と密接な関係があるという説もあります。

寝不足になるとニキビが出来やすくなりますよね。
寝不足になると出来やすくなるのは、
肌の新陳代謝が鈍くなって老廃物を上手く排出出来なくなるからだそうです。

私たちの肌は、寝ている間に肌に栄養与えて不要な老廃物を排出しています。
こうして、傷んだ皮膚を再生したり新しい皮膚を作っているのです。

0333333

だから、肌と睡眠は密接な関係があるのです。
睡眠不足になると、肌の生成力が弱くなり、ニキビ跡として残ってしまうのです。

正しい肌サイクルを保つためには、8時間の睡眠が必要と言われています。
睡眠不足になると、ニキビが出来やすくなるばかりか
ニキビ跡も出来やすい肌になってしまいます。

私たちの身体は、夜に成長ホルモンが分泌されるようになっています。
夜10時頃から夜中の2時頃に成長ホルモンが分泌されるので、
この時間までに床につくことによって、成長ホルモンがしかりと分泌されます。
就寝時間に気を付けることが、ニキビ跡の対策においてになります。

寝不足や夜型の生活を続けると、ニキビやニキビ跡が出来やすい肌になってしまいます。
また、これに食生活の乱れやストレスなどが重なると
ニキビやニキビ跡から抜け出せなくなってしまうでしょう。

ニキビとニキビ跡には、睡眠が大きく関係しています。
もしニキビやニキビ跡で悩んでいるなら、まずは睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>