フェイスラインに出来やすいニキビ跡

ニキビは、大きく分けると思春期ニキビと大人ニキビに分けられます。
思春期ニキビがTゾーンを中心に現れるのに対し、
大人ニキビはフェイスラインに出来ることが多いです。

00111111

思春期ニキビは、男性ホルモンの増加によるもので、
思春期を過ぎると症状は治まります。
これに対して大人ニキビは、肌の乾燥が原因になってきます。

大人ニキビは肌質を変えない限り良くなることはありません。

ニキビが治ってもニキビ跡が出現する場合もあります。
フェイスライン部分の肌が凸凹になって悩んでいる方は非常に多いです。

思春期にはニキビになってもニキビ跡が出来なかったという人でも、
大人ニキビが出来るようになたらニキビ跡が出現するようになったという人もいます。

ニキビが悪化して炎症が酷くなり、膿が貯まってしまうとニキビ跡となってしまい、
クーレターのような凸凹肌になってしまいます。

大人ニキビは、フェイスラインや鼻の下、口周りに多く出現します。
フェイスラインに出来るニキビは慢性化しやすく、
体質が改善されない限りニキビが消えてはまた現れる、の繰り返しとなります。

000011

特に、フェイスラインの大人ニキビは何度も同じような場所に現れることによって、
ニキビ跡が出来やすくなります。

大人ニキビを繰り返さない為には、肌質を改善する必要があります。
まず肌を清潔に保つために正しい洗顔をしましょう。
そして、洗顔の後には忘れずに保湿をしましょう。

これは、ニキビケアにおいて最も基本的な事です。
肌に水分がしっかり含まれていることで、ニキビが出来ても回復が早くなります。
また、菌の増殖も防いでくれるのでニキビが悪化しにくくなります。

ニキビ跡がたくさんある人の肌は、
皮脂と水分のバランスが崩れていることが多いです。
洗顔でゴシゴシこすってしまって、
肌本来必要な皮脂まで落としてしまっているからです。

その結果、肌が危険を感じて過剰に皮脂を分泌させてしまいます。
そして、肌の水分量が足りないとターンオーバーのサイクルが鈍くなります。

肌のバリア機能も正常に発揮されないので、
菌が増殖してニキビが出来やすい肌になってしまいます。

ニキビが出来にくい肌になる為には、
皮脂と保湿のバランスを整えることが大切です。

基本的な事ですが、正しい洗顔と保湿が重要なのです。
さらに、食事を改善してあげると肌のターンオーバーが促され、
ニキビが出来にくい肌へ生まれ変わります。
果物や野菜、水分をたっぷり摂りましょう。

細胞のひとつひとつが潤えば、ニキビが出来にくい健康な肌になれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>